冬晴れのサイクリング

冬晴れのサイクリング

ITソリューション事業部のYです。
冬晴れのサイクリングに出かけてきました。

旅の相棒出発前に、旅の相棒となる3000kmは走っている自転車を紹介します。

本体は、MERIDAという台湾製のフレームに、色々なパーツを集めて組みました。
消耗品であるハンドルに巻くバーテープも定期的に新調しています。

また10°C以下の過酷な環境を走破する為には、冬用の防風ジャケット、シューズ、ヘルメットとアイウェアは必需品です。もちろん緊急時のパンク対策キットも常備。

最後に給水用ボトルを自転車のボトルケージに嵌めて出発です。

爽快この日は本当に天気に恵まれました!加えて風が強いです!
(この日の最大風速は7m/s)

20km程行った所にある目的地までは逆風ですが、走破する爽快さもあります。

関宿城やがて目的地に到着しました。
関宿城(の博物館)です。右手に見えるのは筑波山です。
博物館の入場料は100円とリーズナブル。裏手には庭園もあります。

実はこの場所、茨城県・千葉県・埼玉県の県境となっていて、少し北上すれば栃木県に至るという、地理的なお得感があります。

※博物館の展示内容については、是非、訪れてお確かめください。

帰路江戸川の水門を撮影し終えると、帰路に。
今度は追い風に乗って、80km以上走破しました。

自転車が好きな理由は、自力ですごく遠くまで行けること。
"自分自身を感じることができるから"

旅先の風景を堪能でき、時には触れ合いがあることも。

サイクリングの次の旅先を考えるのも、楽しみの一つです。

2017年も残りわずとなりました。皆様、良いお年をお迎えください。