秋分の日

秋分の日

「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」秋分の日は1948年に公布された国民の祝日です。

通常の祝日と違い、前年の2月1日に国立天文台の観測により翌年の「秋分の日」が決定されます。

二十四節気の第16番目の節気として夏から秋を迎えます。