MyLevelは、あなたの話を聴くことができます

MyLevelは、あなたの話を聴くことができます

"聞く"と"聴く"の違いは、前者は、特に意識をしなくても耳に入ってくることで、必ずしも相手の話を理解しているとはかぎりません。後者は意識的に相手に耳を傾けることです。

MyLevelでは、この"聴く"ということを最重要視しています。

何故なら面接に来られる方は"現在、置かれている状況はもちろんのこと、実際にこれからどうすればいいのか?という"迷い"をお持ちである方も多いからです。

 "聴く"ためには、いたずらに待っているのではなく、状況に応じて"理解"するために、相手に合わせた"質問(訊く)"もします。

面接時に、
「で、あなたは何が出来るの?」
といった質問にイヤな思いをされたことはありませんか?

またマニュアル通りの一方的なやり取りだけでは、"聴く"ことはできません。"聴く"ために時間が必要であれば、MyLevelはその時間も惜しみなく確保しますので、自分の本音をうまく伝えることに不安を覚える方もご安心ください。

"聴く"ことは、"理解"することにつながります。"理解"するということは、"相手の立場を考える"ことができるようになること。

"相手の立場を考える"ことができれば、コミュニケーションにおいて最大の障害である"誤解"を生じる可能性が低くなります。

実務でいえば、将来的に進みたい目標へ、的確なマイルストーンを設置することができ、顧客である参画先へのミスマッチングも防ぐことにつながります。

MyLevelでは、考えを押しつけたり、誘導したりする"説得"をするようなことはしません。
お互いが"納得"できるということを大切にしています。

 "Rather than persuasion, until it can be convinced"